ブログ

今年もスリーピース

 

スリーピーススーツが人気です👍
ただカッコいいから❤️という理由ではなく、売れてるにはそれなりの理由とストーリーがあるわけで…
わかりやすいと思うので、ちょっと紹介します。😁

スリーピースには「格上の印象」がある。役職はもちろん、社会的ステータスの高い職業の人が着るスーツというイメージがあり、フレッシャーズなど若いサラリーマンには不釣り合いに思われ、会社で着るのを遠慮してしまいがちだ。しかし冬のスリーピースが意外と温かいことを知っているのは、こういった社会的ステータスの高い人々に限られる。 

 🌟イギリス発祥の近代スーツはジャケット、ベスト、パンツの三つ揃えが正式である。

 😱ベストを脱いだのは、実用主義を貫く20世紀のアメリカ人だ。ジャケットさえ着ていれば、ベストがなくても見た目にそれほど変わらず、普段からTシャツ姿がアタリマエのお国柄ならば、ワイシャツ姿が失礼などとはみじんも思わないのだ。

 ヨーロッパの首脳や王侯貴族にとって正装はスリーピースだが、トランプ大統領のスリーピース姿は見たことがない。それ以前にネクタイが長すぎるのも問題だが……。

 😁そもそもワイシャツは下着であり、素肌の上に着るべきもの。本来のジャケットはVゾーンなどない詰め襟が起源で、ラペルを立ち上げれば詰め襟の制服のように見えるのはその名残である。ジャケットを脱ぎ、シャツ1枚にネクタイをした姿は下着姿同然であり、礼を失した「恥ずべき服装」とされていたのだ。

 といっても当然ながら、常に上着を着続けるのは少々、窮屈であることを当時の人たちも知っていた。そこでジャケットを脱いでも、下着姿とならないようベストを編み出した。ベストは別名「ウエストコート」と呼び、コート=上着であることを意味している。 

 スーツに造詣があるなら、上司に遠慮せず、堂々とスリーピースを着ていただきたい。何より気も引き締まって仕事に集中できるはずだ😁

  • 今年もスリーピース はコメントを受け付けていません
  • 未分類

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る