ブログ

スーツの着こなしで困っていませんか?

覚えておく必要がある世界的な常識と日本独自の常識ということで、面白い内容なので紹介します。流行にのるか…好みであえて選ぶのか…それは自分で考えるところですが…

スーツの着こなしは日本の常識と世界の常識は違う

例えば、スーツ。びっくりの事実を、指摘しています。日本のビジネスパーソンが、当たり前のように仕事で着ている黒いスーツ。あれは、間違いだ、というのです。😱

「学生の就職活動のスーツが黒になったのは、10年ほど前だったと記憶しています。😅そのあたりから、黒いスーツを着る日本人のビジネスパーソンがとても増えた印象があります。ただ、ひとつ知っておいていただきたいのは、欧米では黒いスーツを着ることはまずない、ということです」😏

政治の世界でも着ません。たしかに、アメリカの大統領や日本の総理大臣が普段、黒いスーツを着ているのを見たことはありません。😨

「理由はシンプルで、黒い服は冠婚葬祭のためだからです。タキシードしかり、喪服しかり。特に海外に出張に行ったりするときには、要注意。黒いスーツは着てはいけません。それは、間違いです」本当は間違いだけど日本ではOK、ということを知っているのといないのとでは大違いです。そうすると、「正式な場にはやめておこう」「欧米の人が来るような席には着て行かない」という判断ができます。「スーツは紺かグレーにすること。柄にするなら、ストライプのみ。これが基本です。基本を知っておくと、急にきちんとした場に出なければならなくなったときに慌てなくて済むんです。仕事でのプレゼンや交渉の場、大切な取引先との食事、パーティ、社内での人事の面談…。服のことに気を取られずに済むようになります」

好印象をつくるスーツの着こなし4つのポイント


もうひとつ、基本と語るのが、スーツの着こなし方。ポイントは4つ。

  • 首の後ろ
  • パンツの裾
  • スーツの着丈

それでは順番に見ていきましょう。

1.袖

「写真のように袖からシャツが見えることです。白いシャツがちらりと見えるだけで、清潔感が大きくアップします。1.5センチほどワイシャツの袖が見えるのが正解です。NG例のようにスーツの袖丈が長すぎると田舎っぽい感じがしてしまいます。逆に、短すぎるとホストのようです」



2.首の後ろ

「自分では目が届かないところですが、ここも目につくポイントなんです。首から1.5センチほどシャツが出ているのが理想です。NG例のようにシャツが見えすぎるのも野暮ったく見えます。反対に白いシャツ部分がまったく見えないと清潔感が感じられません」

3.パンツの裾

「靴のかかとに裾が少しだけかかるくらいがベストです。これだと靴の上側でワンクッション、もしくはハーフクッションにすると、足がすらりときれいに見えます。若い人がノークッションの細身パンツをはいているのを見かけますが、軽いイメージになってしまうので、ビジネスでは避けたいですね」😏

4.スーツの着丈

「後ろからみて、おしりの5分の4ほど隠れるのがベスト。おしりが少し隠れるか、隠れないかくらいと思ってください。これより長いとすっきり見えず、足が短く見えてしまいます。また最近では、着丈の短いスーツも見かけますが、軽率な印象になってしまうので、流行り物だと思ってオフなどで着ることをおすすめします」




  • スーツの着こなしで困っていませんか? はコメントを受け付けていません
  • 未分類

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る