ブログ

職業で考える服装

職種によっても服装って考えないとね‼️
今回はちょっtl特殊な職業に注目して紹介します。
ウエディングプランナーの服装
身につけている服装
ウエディングプランナーの代表的な服装は『黒』の上下のパンツスーツ、インナーは白のブラウスです。アクセサリー類は極力抑え、結婚指輪以外はしないなど、幅広い年代の方々に無礼がないような服装が基本となります。ただし、それ以外はNGかといえばそうではなく、たとえば結婚式がない平日はグレーのスーツなどを着用するウエディングプランナーもいます。
服装で気をつける事
服装で気をつける事は会社の雰囲気とお客様の層です。特に後者は幅広い年代の方を相手にし、かつ失礼がないようにと考える必要があります。きちんとした身なりが好ましいといえます。
ヘアメイクアーティストの服装
キレイをつくるプロであるヘアメイクアーティストがだらしない格好、センスがない服装をしていると、その人が施すヘアスタイルやメイクにも説得力がなくなってしまいます。ですから、自分自身の身なりをきちんとしておく事が大切です。お客様に「すてきな人」と思ってもらえるような服装をしましょう。
ブライダルエステティシャンの服装
身につけている服装
エステティシャンはお客様の身体に直接触れる仕事なので、不潔感があるとお客様は不安な気持ちになります。ブライダルの場合も、それは一緒。「ボディラインが美しく見えるもの」「肌色がよく見える色合いのもの」「清潔感があり美しく見えるデザイン」この3つを心がけた服装を心掛けましょう。
服装で気をつける事
派手な柄物は避け、なるべく無地の服装、柄がある場合は小さくてあまり色も目立たないような清潔感のあるものを選ぶようにしましょう。また、揺れるピアスや華美なアクセサリーは施術の際に邪魔になるだけでなく、お客様の体を傷つけてしまう恐れもあるので気を付けましょう。勤務中は忘れずにアクセサリーを外しておくようにしましょう。ただし、シンプルな結婚指輪であればOKです。
アテンド(介添人)の服装
アテンド(介添人)の服装はスーツ姿が一般的ですが、新郎新婦が和装の場合は、介添人も着物を着る事があります。身に付ける上着のポケットにはお客様用のハンカチを入れておいてください。花嫁が泣きそうになったらハンカチを差し出すなど、感動の場面では常にハンカチを準備しておきましょう。
バンケットサービスの服装
バンケットサービスの服装は、ジャケット、スーツ、白シャツ、ベスト、パンツなど、フォーマルなホテルバンケット用ユニフォームの着用が基本となります。複数のスタッフで協力する場面も多いお仕事ですので、統一感の出る服装が望ましいです。そのため、「制服貸与あり」の会社も多くあります。
テーブルコーディネーターの服装
テーブルコーディネーターは感性が試される仕事ですので、個性を出しつつ好感を持ってもらえる服装で印象づける方が多いようです。ただし、ホテルや結婚式会場によって服装の規則があるところも多いので、会社の規則をしっかり確認してから、その中であなたらしいファッションを楽しんでいってくださいね
以上です。あてはまった人はいたかな?あなたの服装で、あなたの評価だけじゃなく、会社の評価にも繋がります❗基本スタイルを忘れずに、まずは清潔感のあるスタイルを考えましょう
  • 職業で考える服装 はコメントを受け付けていません
  • 未分類

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る