ブログ

おしゃれな人と

自分の好みの恰好をしているか


自分の体系の長所・短所を理解し、それに合った恰好をしている人
靴がきれいな人
周りと同じ恰好をしていない
姿勢が良い人
流行りに流されない人
流行りをさりげなく取り入れている人
いかつい感じではなく、さわやかに自分に自信を持っている人
強い主張ではなく、さりげないファッションの主張ができている人


↑おしゃれとは…で思い浮かぶこと
これが全てではありませんが、目についたものをリストアップしています。こお洒落な人として、その人となりが重視されているように見受けられます。つまり、特定のどういう恰好がおしゃれ、というよりも、その人が自分にとって好感を持てる人なのかどうか、ということがおしゃれかどうかを判断する大きな要因と言えそうです。それでも確実に言われていることとしては、清潔感の無い人や、あまりにも派手な恰好をしている人は、良い印象を持ってもらえないようです。
おしゃれな人の共通点
おしゃれだといわれる人の共通点として、服装がどうこうより、イキイキし清潔感のある人、という意見があげられていました。この辺りは、おしゃれだと思う人リストでいうところの、自分好みの恰好か、自分の体系に合った恰好をしている、姿勢が良い、などに当たるのではないでしょうか。清潔感があれば、その人に好印象を持ち、体系にあったバランスの良い服を着ていると、おしゃれな人、と言われるようになりそうです。そうなると、おしゃれな人というのは、素敵な人、と言い換えてもいいのかもしれません。確かに、自分自身が今まで見てきた素敵な人だなと思った人のことを、ダサいと思うことはなかったように思います。
おしゃれをすればモテる??
これまでの内容で、おしゃれとは恰好だけのことではなく、その人自身の感じも大いに含まれる、という内容になっています。そのため、おしゃれをすればモテると言い切るのは難しいと思っています。おしゃれをするからモテるのではなく、おしゃれだからモテるのです。しかし、矛盾した事をいうかもしれませんが、女性にモテるためにおしゃれをすることはすごく重要だと思っています。なぜなら、
カッコいい・きれいな洋服を着る
ファッションを楽しむ
自分に自信がつく
イキイキとした人に見える
おしゃれになる
というサイクルが、間違いなくあります。雑誌や通販サイトでよく言われているような「モテ服」というのは、もちろん洋服自体も人気のスタイリングだと思うのですが、着るだけでモテるのではなく、それを着た人が、これで俺もモテるんだ!という自信を持つことが、良い結果につながるのではないでしょうか。ですので、私は「モテる服」という物に対して悪い印象は持っていません。「モテる服」が着る人に与えるパワーという物は馬鹿にできないものがあると思っています。
社会人はみんなおしゃれをしている?
ここまで書いてきて少し思ったのですが、社会人であれば皆、仕事場ではおしゃれなのではないでしょうか。スーツはシンプルな作りで清潔感があり、自分の仕事に自信をもって取り組んでいますし、お客様に合う時、失礼の無いように綺麗な恰好を心がけていると思います。それは十分におしゃれしていると言ってもいいのではないでしょうか。そう考えると、仕事場ではカッコいいけど私服になるとダサくなる人が居ますが、それは当たり前のことだと思えます。特に誰に気を遣うわけでも無く、ファッション自体に興味がなければ良くならないのは当然です。
まとめ
おしゃれな人というのは、どれだけカッコいい服を着ているかというよりも、胸を張って自信をもって生きている人、と言えるかもしれません。では、おしゃれとは着ているものは全く関係ないのか、というと、そういうわけでもありません。自分の好きな服を着ている、カッコいい洋服を着ているという感覚は、確実に自分に力を与えてくれます。洋服だけでそんなに変わるのかと思う方も居るかもしれませんが、例えば初めてスーツを着た時、不思議な自信が湧いて着たような覚え、ありませんか?もちろん、それだけで自信に満ち溢れるわけではありませんが、そんな気持ちの変化が、洋服が与えてくれるパワーなのだと思います。
※ちょっと面白そうな話なので、紹介してみました。😁

  • おしゃれな人と はコメントを受け付けていません。
  • 未分類

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る