ブログ

レディーススーツ

スーツを着るのは男性だけじゃないですよね⁉️

女性がスーツを着ている姿もカッコいい美しいと思ってもらえるように…ちょっとした知識でまた着こなしは変わるはず❗


女性編

【就活で着用するスーツのボタンの数と意味】
女性用スーツのボタン数は、1つから3つが一般的です。主流になるボタン数は流行に左右されます。伝統を重んじる風潮が根強い男性用スーツと比べれば比較的自由なのが、女性用スーツのボタン数事情だと言えるでしょう。そのためボタンの数自体は、男性用ほどの意味は持ちません。女性用スーツの場合、ボタン数は流行のスーツかそうでないかを見分ける目安ぐらいに考えてよいでしょう。


◼️スーツのボタンの数は1つや2つが流行している
女性用のスーツは歴史の古い男性用のスーツと比べ、比較的自由な着こなしが許されて来たという背景があります。そのためボタンの数は、そのときの流行に左右される傾向にあると言えるでしょう。かつては3つボタンが主流だった女性用スーツですが、流行とともにボタンの数も変遷していきました。現在は1つ、あるいは2つのボタンが人気の主流のようです。特に2つボタンのものは男性同様、業種を問わない対応力のあるスーツです。とりあえず選んでおけば間違いが少ないのが、2つボタンのスーツだと言えます。1つボタンも人気があるというのが、女性用スーツならではの特徴です。ビジネスの場においては男性の場合NGな1つボタンですが、女性用のものは広く認められています。


◼️流行遅れのスーツでない限り3つボタンでもあり
3つボタンの女性用スーツは、かつて主流であった男性用の3つボタンスーツのデザインを踏襲して生まれました。そうした経緯から、女性であってもスーツのボタン数は3つが基本という時代が長く続きました。なので、親や知人からのおさがりでもらったスーツが3つボタンだった、というケースもあるでしょう。そんなとき注意したいのは、デザイン自体が今の主流のものと大きく違いすぎて、まわりから浮いてしまう可能性があることです。逆に言えばデザインやサイズ感さえ違和感がなければ、3つボタンのスーツでも特に問題ありません。3つボタンスーツならではの硬さが、かえって好印象につながる場合もあるでしょう。

★女性編

【ボタンの数で変わる印象】
スーツは、ボタン数でジャケットのデザインが大きく変わります。就活用の女性スーツでは男性ならNGな1つボタンのジャケットもOKですので、選べるデザイン幅は男性よりも多いと言えるでしょう。ボタン数に応じたデザインのスーツを選ぶことは、感じて欲しい自分の印象をコントロールすることでもあります。それぞれのボタン数の特徴をつかんで、自分の思いに合ったものを選びましょう。


◼️2つボタンは真面目な印象
現在の定番である2つボタンのスーツは、真面目さや誠実さを印象づけると言われています。これは主流であるゆえの無難さから来る印象でもありますが、デザインによるものもあるでしょう。もう1つの主流である1つボタンのものに比べて、2つボタンでは胸元のVラインの幅がやや狭くなります。このことで少し抑えた印象になり、結果として真面目さを思わせるのです。またVラインのシャープな角度が、着る人のそう明さを演出します。このことから、金融業などのお堅めの業種から一般的な仕事まで、幅広く対応できるのが2つボタンスーツの魅力だと言えるでしょう。


◼️1つボタンはカジュアルな印象になる
男性ではNGな1つボタンのスーツは、女性用としては主流の1つとなっています。人気の秘密はそのカジュアルな印象です。ボタンが1つしかないことから、胸元のVラインのデザインは比較的大きく開かれる形になるのが特徴です。このことで、1つボタンのスーツは、明るくオープンな印象を与えることにつながります。つまり、そうしたカジュアルな印象に合った職種が向いていると言えるでしょう。例えば、IT関連業界やベンチャー企業、ファッション業界など、自由な気風が好まれる職種が適していると言えます。逆に言えば、自分の目指す職種が堅めの仕事であるならよく考えたほうが無難かもしれません。

  • レディーススーツ はコメントを受け付けていません。
  • 未分類

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る