ブログ

出来てる?クールビズ

面白い記事でもあり

参考になる記事なので☺️
クールビズについてクールビズは2種類。

皆さんご存知の通り、クールビズには「クールビズ」「スーパークールビズ」の2種類があります。
だいたいは以下のように分かれています。
●クールビズ
 ・ジャケット不要、ネクタイ不要、半袖シャツOK、チノパンOK
●スーパークールビズ
 ・ポロシャツOK、ジーンズOK(NGの場合もあり)、スニーカーOK
 
スーパークールビズはクールビズをよりリラックスさせたようなものになっていて、クールビズではNGとされたものがOKになっています。
 
~ーーーーーーーーーーー👔
クールビズはビジネススタイルの1つである。

クールビズのビズは《ビジネス》のビズです。

ここは絶対に忘れてはいけません。

若い人であればポロシャツ、ジーンズ、スニーカーでも良いと思いますが、アラフォーともなるとそれでは心もとない。

アラフォーにはビジネスの場において求められるものがあるので、楽をしよう楽をしようとするのは間違い。大人に相応しい装いを心がけましょう。

~ーーーーーーーーーーー👔
ジャケットは必要なのか?

正直に申し上げますと、着用した方がカッコいいと思います。
暑いけどね。
ただ、暑いと言っても外を歩くときくらいで室内や電車は涼しいと思います。ただ、満員電車で汗だくの男性に密着されたりするとジャケットが可哀そうではある。
絶対必要ではありませんが…「あった方がいい」のがジャケットです。
 
~ーーーーーーーーーーー👔
ネクタイは必要なのか?

あった方がカッコ良いけどない方が正解かな。
曖昧で申し訳ないんですが、、これは難しいんですよ。
ジャケット同様に正直に申し上げますと、ネクタイはした方がカッコいい。
ただ、やっぱり浮いちゃうのが問題かなと。暑苦しいと思われたり、お客さんから嫌がられる場合もあるのでない方が正解となります。
個人的には残念。いつかは「ビジネスに帽子」のように違和感のある着こなしになってしまうかもしれませんね。
 
~ーーーーーーーーーーー😃
クールビズでおすすめなスタイル。

麻のシャツにスラックス、革靴。
極普通のスタイルですが普通で良いんです。アラフォーが求められているのはそういうところです。奇抜さとかお洒落とかいらないです。
求められているのは清潔感であり、《上品さ》です。
ジャケットを着用しないのであれば、麻のシャツを腕まくりして着たいですね。半袖はあんまりカッコ良く見えないのでやめましょう。

革靴はローファーとかコンビシューズがおすすめですが、ビジネスなのですね毛はNGですよ。気を付けましょう。

 ~ーーーーーーーーーーー👔
スーパークールビズでおすすめなスタイル。

ポロシャツにスラックス(チノパン)、革靴。
ポロシャツは半袖でも長袖でも構いませんが、長袖を腕まくりして着るのもカッコいいですよ。ポロシャツの上にジャケットを着るとカッコいいですが、やっぱり暑いのでそこはお任せします。
ジャケットを着用するときはポロシャツのボタンは全部留めるのがおすすめ。
 
~ーーーーーーーーーーー😱
クールビズにおけるNGとは。

こんな着こなしはNGというのを並べましたので気を付けてください。

⚫素肌にシャツ&ボタン開けすぎ。

たまにいるのが素肌にシャツを着て乳首を晒しているセクハラくん。
「シャツは下着だから素肌に着るのが正式」
確かにそういう一面もありますが、その場合はジャケットを脱いではいけません。下着でフラフラ歩くなんてありえないですよね?
下着としてシャツを着用するのであればちゃんと上着を着て下さい。
 
シャツのボタンを開けすぎるのもNGです。
これはちょっと難しいんですが、シャツのボタン間隔ってそれぞれ違うんです。特に第1ボタンから第2ボタンまでの間隔は重要で、ここの間隔が広すぎると第2ボタンまで開けたときにギャランドゥな感じになってしまいます。
第2ボタンまで開けた方が襟がキレイに見えるようになっていたりするので、非常に難しいところですが、セックスアピールする場ではないのであまり首元が開かないようにしましょう。
開き具合にこだわりたい方にはこんなものもあります。


ポロシャツの襟を立てる。

あんまり見かけませんがポロシャツの襟を立てるのはNGです。
一昔前はポロシャツの襟を立てて着るのがカッコいいみたいな風潮‥というか流行らせようとしていました。実際に襟を立てやすいポロシャツとかありましたね。
ただ、これはビジネスシーンでは客観的に見てカッコ良くないようです。😱

すね毛が見える。

暑いのはわかりますが、ビジネスの場においてすね毛はNGです。
特にローファーとか履くと、アンクルソックス等の短い靴下を合わせたくなるかもしれませんが、ビジネスの場であるということを忘れないようにしましょう。
オッサンのすね毛とか誰も得しません。
 

⚫クールビズをドレスに寄せる絶対的な理由。

トラッド、クラシックというのは加齢をプラスに変えることができます。

人は年齢を重ねていく中で着られなくなる服、出来なくなるスタイルというのがあります。若いからこそ許される服装というのは厳然とあります。

アラフォーに合うのはクラシックスタイルである。

クラシックスタイルは若い人でも似合いますが、アラフォーの加齢=経験によるダンディズムをクラシックスタイルは十全に引き出すことが出来ます。

例えばダブルのジャケットを若い人が着てもいまいち様にならない。これはダブルの貫禄に負けてしまっているからです。もちろん若い時から上手く着こなすようにした方が良いんですが難易度は高めですよね。

どうしても頑張ってる感が出てしまいがち。
ファッションには加齢から得られるものが絶対にあります。

これはクールビズでも同じことが言えます。

若作り的なファッションは不要です。

徹底的にドレスに寄せましょう。

えっ?それじゃいつもとあんまり代わり映えがしないって?

いや、そんなことはないですよ。

クールビズで差をつけるのは素材感と色合いです。

例えば白のポロシャツにはネイビーや濃い目のベージュのスラックスでいいでしょう。

上着が濃い色ならトラウザーはライトグレーにしてみるとか。

靴はスリッポンとかコンビシューズとかいいですよね。


いつものスーツ姿との違いをドレスに寄せた上で着こなしてみてください。

スーツの上着を脱いだだけのアラフォー世代が非常に多いんですが本当にもったいないです

  • 出来てる?クールビズ はコメントを受け付けていません。
  • 未分類

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る