ブログ

平服とは

知っておくべき大人の常識

知らないと恥ずかしいマナー


平服とは

「略礼装」が、いわゆる「平服」と言われるものです。

⚫「平服でお越しください」と案内があった場合は、「正礼装や準礼装のような礼装でなくていいですよ」という意味なんですね。ただし、礼装でなくていいからといって、普段着ているようなTシャツにデニムといった格好はNG。
~ーーーーーーーーーーー❤️

「平服で」と言われた時の男性ゲストの服装
「スーツ」が一般的です。色は、ブラックかグレーやネイビーといった、ダークカラーが基本。無地かシャドー(織柄)がおすすめ☝️
🌟キレイにアイロンをかけて、しわを取っておきましょう。
~ーーーーーーーーーーー❤️

結婚式二次会で気をつけたい服装のマナー
★シャツは白色が基本ですが、淡いブルーやピンクなどで華やかさを出しても良いですね。ネクタイは、シルバーが一般的ですが、淡いブルーやピンクなど清潔感のあるキレイな色のものをチョイスしてもOK。

★ポケットチーフを足すとパーティー感がUPしますよ。

★黒色の革靴を合わせましょう。
男性ゲスト向けにも、会場の雰囲気に合わせた結婚式二次会の服装マナーを紹介しています。
~ーーーーーーーーーーー❤️

「平服で」と言われた時の女性ゲストの服装
女性の場合は、「ワンピース」か「スーツ」が基本です。
スーツの場合、ボトムスはスカートでもパンツでもどちらでもOK。お祝いの席なので、アクセサリーなどもプラスして、華やかで清潔感のある服装を意識しましょう。


~ーーーーーーーーーーー❤️

結婚式二次会で気をつけたい服装のマナー
★足元は、ベージュのストッキングにヒールのあるパンプスを合わせます。

❌黒色のストッキングやタイツ、素足はNG。
★オープントゥやミュール、サンダル、ブーツはフォーマルな場ではマナー違反とされています。★バッグはフォーマル向けの小さめのパーティーバッグにします。

★髪の毛はアップスタイルにして、きちんと感と華やかさを出しましょう。

★ヘアアクセサリーは、新婦とかぶるような生花や大きな花のコサージュ、ティアラなどは避けるようにします。
★結婚式二次会では「その場の雰囲気に合った格好をする」のもマナーの1つ。

  • 平服とは はコメントを受け付けていません。
  • 未分類

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る