ブログ

母親のドレスコーディネート

《母親の相談》

娘が結婚式を挙げますが、着物は着たくありません。新婦の母親としてどんなドレスがふさわしいですか? 
新郎新婦のお母様やご親族といえば以前は留袖を着るのが普通でしたが、今は結婚式も多様化しており洋装で出席される方も多いです。 花嫁・花婿のお母様フォーマルドレスを「マザーズドレス」といい、多数の方がドレスをご選択されています。

「マザーズドレス」のドレスコード

一般的には「正礼装(フォーマル)」となります。 人気なのはネイビー、ブラウン、ベージュ系などの落ち着いたお色で、袖付きのフルレングスのドレスが多いです。 昼間のお式では、襟元をあまり露出せず肩を出さないデザインのものがよいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー🍀
 マザードレスのドレスコード
新郎新婦の衣装とのバランスや会場の雰囲気などと合わせるのもポイントです。 


【時間帯】昼間の結婚式、披露宴
昼間の結婚式では、肌の露出は控え、光物などのきらびやかなものもやめておきましょう。7分袖や長袖のドレス、またはジャケットやボレロなどを羽織るのも素敵です。丈はロングドレスが一般的です。 


【時間帯】夜の結婚式、披露宴
夕方4時以降の夜の結婚式には、下品にならないよう程よく肩やデコルテを出してあでやかに装いましょう。ゴールドやシルバーの光沢のあるアクセサリーをプラスすればより華やかな印象になります。丈はお昼間と同じくロング丈が一般的です。 


【場所】ホテル、専門式場など
教会やホテルウエディング、専門の結婚式場などの格式高めの結婚式では、「フォーマル(正礼装)」ドレスがよいでしょう。露出は控えめにロング丈で、上品で控えめな雰囲気のドレスがよいです。お色は、ネイビー、ベージュ、グレーなどの落ち着いたお色が人気です。 


【場所】レストラン、ハウスウエディング、1.5次会風など
レストランやハウスウエディング、1.5次会風などカジュアルな雰囲気の場合は、ロング丈のほかに膝丈ドレスでもOKです。肩やデコルテも下品にならない程度でしたら出しても大丈夫です。しかし短すぎる丈や露出の高いものは厳禁です。お色もネイビーやベージュ、ブラックなどの定番色以外に、ピンクやブルー系などの明るいお色もOKです。  

ーーーーーーーーーーーーーーーーー🍀
マザードレス選びのポイント
①新郎新婦の衣装や意向に合わせる

結婚式の主役は新郎新婦様です。新郎新婦がお召しになる衣装、お母様にどんな雰囲気の衣装を着ていただきたいかなど、新郎新婦のご意見を参考に衣装を選んでいくことは大切です。

 ②両家のバランスを考えて
結婚式にはもちろん相手のご両親もいらっしゃいますので、相手方がどんな服装をお召しになるのかを事前に確認することも必要です。同じ色などにする必要はありませんが、バランスを考えて選ばなければなりません。例えば相手のお母様が留袖をお召しになるようでしたら、留袖、またはネイビーなどの控えめなお色のロングドレスを選ぶのが適当です。ピンクの膝丈ドレスではバランスがとれません。 

 ③定番はロング丈ドレス 色はネイビー、ベージュ、グレー
会場や時間帯によりドレスコードなどの違いはございますが、よほどカジュアルなウエディング以外は、丈は「ロング丈」、色は「ネイビー、ベージュ、グレー」が無難です。ドレス選びに迷ったら、こちらの定番ドレスにすれば安心です
今後の参考までに…
  • 母親のドレスコーディネート はコメントを受け付けていません。
  • 未分類

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る