ブログ

クールビズスタイル

あなたは覚えていますか?

「クールビズ」(COOL BIZ)というネーミングは、京都議定書が発効されたのをきっかけに、環境省の一般公募で選ばれたものです
「涼しい」や「格好いい」という意味の“クール”とビジネスの短縮形“ビズ(BIZ)”を併せたもので、その年の流行語大賞にもノミネートされたことを覚えている方も多いことでしょう。

環境省の調べによると「クールビズ」の認知度は98%(平成13年度)、職場での実施率も非常に高まってきています。

クールビズ」とは

「クールビズ」とは、環境省が地球温暖化対策のために推進する冷房時の室温 28℃でも快適に過ごすことのできるライフスタイルのこと。
ですから、ノーネクタイ・ノージャケットなど、服装だけの取り組みではなく、早朝出勤といった勤務時間の調整など、さまざまな工夫が含まれます。

それでは、なぜ冷房を28℃に設定するのでしょう。
それは、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行令」および「労働安全衛生法の事務所衛生基準規則」において定められた範囲(17℃以上28℃以下)であり、温室効果ガスの主因であるCO2の大きな削減効果が期待できるからです。

具体的には……
すべての事業所で、冷房の設定温度を平均の26.2℃から28℃に1.8℃上げると想定すると、ひと夏で約160〜290万トンのCO2を削減することができるといわれています。環境省が推奨する「クールビズ」の5つのポイントをご紹介します。

①COOL FASHION…

「クールビズ」といえばこれ!実践している方も多いでしょう
・ノーネクタイやノージャケット
・ポロシャツなど、通気性のよいアイテムを着用する
・吸水速乾性、接触冷感など、高機能な素材を使った衣類
・かりゆしウエアなど、地域の伝統素材を使った衣類
・うちわ、扇子や日傘の活用

②COOL WORK…

涼しい午前中に仕事をすることで冷房の使用を抑える
・早朝出勤やフレックス制を導入する
・残業はなるべく禁止する
・長期の夏休みをとる

③COOL HOUSE…

冷房の使用を控えても快適に過ごせるように工夫する
・ブラインドやカーテンで夏の強い日差しをカットする
・日よけ、目隠し、虫よけに、よしずやすだれを活用
・窓際にグリーンカーテンを設置

④COOL IDEA…

昔ながらの知恵や小さなエコ活動を積極的に取り入れる
・冷却ジェルシート、氷のうなどの冷却グッズの活用
・パソコンなどのこまめなスイッチオフ
・体内から冷やしてくれる夏野菜や食べ物を摂取する
・打ち水でビジネス街の温度調整をする

⑤COOL SHARE…

一人一台のエアコンを止め、涼しい場所を皆でシェアする
・家族で一つの部屋に集まる
・公共施設を活用する
・水辺や木陰などの自然が多く涼しい場所で過ごす

などなど、クールビズの知識を改めて覚えれましたか?
なぜ、その服装じゃないとダメなのか?
理由がわかれば買うときも悩みは減りますよね☺️
ぜじ『なぜ?』を理解してから行動しましょう🎵

  • クールビズスタイル はコメントを受け付けていません。
  • 未分類

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る