ブログ

式典に出席するために

フォーマルな服装が求められる場合の格付け


①フォーマル(正装)

②セミフォーマル(準正装)

③インフォーマル(略礼服)

④スマートカジュアル
スマートカジュアルはこれらの中では最もカジュアルな服装ということになります。
「平服でお越しください」とされている場合にはインフォーマルかスマートカジュアルを着ていくのが妥当でしょう。
「普段着でお越しください」と指定されている場合でも、最低限、スマートカジュアル以上の服装で行く方が無難
式典などでは主賓、来賓の多くはセミフォーマルが一般的
参加者がインフォーマル…ダークスーツで参加が一般的とされています
ただし、『平服でお越しください』とドレスコードに書いてあると、スマートカジュアルでもOKとなります
スマートカジュアルとは一般的にきれい目な服装とされています。王道はジャケットにパンツ、シャツです場合によってネクタイを合わせたりTシャツかカットソーなど靴も革靴の場合やスニーカー(きれい目な)なども認められています。
まぁ無難なのは上下揃っているセットアップスーツでしょうね😅
NGなのは

○ジーンズ

○ダブダブなだらしなく見える服装

○汚れたスニーカーやスポーツシューズなどなど
写真は主賓のメインの方が着るべきセミフォーマルです
あとは参考までのネクタイありのスマートカジュアルスタイルです

  • 式典に出席するために はコメントを受け付けていません
  • 未分類

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る