ブログ

パンツの選ぶ基準

パンツのデザインについて知っておこう🎵

ノータックとは

ノータックとは、その名の通り”タックがない”つまり折ひだがないデザインのことです。

3つのデザインの中では、若い人に最も人気のあるスタイルです。ノータックを使用したパンツは、

タックのあるパンツに比べて裾幅が細くなり、全体としてすっきりした形になります。

 

🌟ノータックの特徴

裾幅が細い分、履くとスリムに見えるのがノータックの特徴です。

その分、ウエスト周りが締まっており、タック入りのズボンに比べて動きにくく、

しゃがんだりしずらいという難点があります。

ノータックパンツはカジュアルな印象を与えます。

スーツとの相性はもちろんですが、普段使いのジャケットなどと一緒に着れるので、

合わせやすいパンツといえるでしょう。

スッキリと履きこなしたい人におすすめ

ノータックパンツは脚にフィットするため、すっきりと履きこなしたい人におすすめです。

このパンツぶかぶかするなと感じているなら、ノータックパンツに乗り換えてみるのはどうでしょう。

無駄な遊びがなく、スタイリッシュに履くことができます。

仕事であれば、見た目に気を遣う接客業の方や、動きの少ない事務職の方におすすめです。

ワンタックパンツ

ワンタックとは

タックが左右に1本ずつ入っているのが、ワンタックパンツと呼ばれるスラックスです。

市場で最も出回っているのが、このワンタックパンツ。

ノータックパンツのデメリットを解消し、より実用性のあるデザインになっています。

ワンタックの特徴

ワンタックパンツの特徴は、何といってもその動きやすさです。

タックにより作られた腰回りの遊びが、フットワークを軽くし、テキパキと動くサポートをしてくれます。

仕事では動き回らなければならないことがあるものです。

ワンタックパンツが一本あれば、ほとんどの状況をカバーしてくれるでしょう。

デザイン性と機動性のバランスを持っているのが、このワンタックです。

体型が変わりやすい人におすすめ

ワンタックパンツは、腰回りやヒップにゆとりがあるため、体型が変わりやすい人におすすめです。

ウエストは合っているけれど、立ったりしゃがんだりする時、

最近ぴちぴちするように感じることはありませんか?

もしそうなら、ワンタックパンツを買ってみましょう。

ワンタックパンツは、いつでも快適に動けるよう、あなたをサポートしてくれます。

 

ツータックパンツ

ツータックとは

ワンタックパンツよりさらにタック数が多いものが、ツータックパンツです。

ツータックパンツは左右に2本ずつ、タックがついています。

ツータックの特徴

ツータックパンツの特徴は、腰回りやヒップにややゆとりのあることです。

一般的なデザインの場合、ノータックパンツより4センチゆとりができることになります。

そのため、ハードな動きにも無理なく対応。パフォーマンスを最も重視したデザインと言えるでしょう。

合わせ方に注意しよう

ツータックはゆとりが持ち味である反面、パンツ全体がぶかぶかして、

やぼったく感じられてしまうというデメリットがあります。

ノータック・ワンタックよりも、合わせ方に注意しなければなりません。

ビジネスであれば、スーツと組み合わせてすっきりとした印象を与えるようにできるかもしれません。

もちろん、ゆとりがあるのはおかしなことではありません。

高級スーツの中には、あえてツータックデザインであるものもあります。

緻密に計算されたゆとりは、上品で高級な印象を人に与えるのです。

ゆとりをもたせたい人におすすめ

ツータックパンツは、ゆとり部分が大きな特徴です。

体型からゆとりが必要という方はもちろん、細身の方でもゆとりがあるのはメリットです。

例えば、夏場であれば、薄い素材のツータックパンツは重宝するでしょう。

通気性があり、涼しく感じられるからです。

また、激しい動きが必要な職場であれば、ゆとりが大きいのは大切です。

建設業・整備業などの方は、ツータックパンツがパフォーマンスを最大限に引き出してくれるでしょう。

レジャーであれば、ゴルフなど、しゃがむ機会の多いシチュエーションに用いることができます

  • パンツの選ぶ基準 はコメントを受け付けていません
  • 未分類

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る