ブログ

ダサいとは

(。´Д⊂)ダサいとは…なにか?

ちょっと面白かったので紹介します。
なんとなく自分の恰好がイケてないというのは分かっても、具体的に何がダメなのか、仕事や勉強と違ってはっきりとした答えが見えないので、良く分かりません。一体、ダサいとはどんな恰好の事なのでしょうか?
例えば…↓↓↓
ブランドだけで服を選んでいる人
洋服を素材だけを気にしている人
膝上のハーフパンツ
全身真っ黒
ダボダボのズボン
ピチピチのTシャツ
必要以上に肌を露出している
ドクロなどの怪しげなデザイン
必要以上に装飾された服
ズボンの裾、シャツの袖の長さが寸足らず
等々。

このように、本当に意見が多岐にわたっていて、世間でおしゃれとして扱われているような恰好ですらダサいと言われているケースもあり、カッコいいとかダサいという意見は、個人の感覚によるところが大きいのかなと思います。
しかし、人それぞれです、で片づけてしまうとそこで終わってしまうので、何とか共通点を探せないか考えたところ、見えてくる事がありました。


🔹ダサい恰好というのは…💔
バランスが悪い、清潔感がない恰好に対して言われていることが多い、ということです。そう考えると、上にあげたダサいと思う人リストにも通じるものがあると思いませんか?例えば、膝上のハーフパンツは、もじゃもじゃのすね毛に清潔感なんて感じませんし、肌の露出が多い恰好も、見たくもないものを見せられて不快です。ドクロなどの必要以上の装飾も、シンプルさの中にある清潔感を損ないます。また、体系を隠すためや、体のラインを出すため、必要以上に大きかったり小さかったりする服は全体のバランス感が悪くなってしまいます。
そういった観点で過去の自分を振り返ってみると、確かに清潔感がなかったなと思います。まだ着られるからとヨレヨレのシャツを着て、裾の破れたジーンズを履き、派手な恰好が嫌だったで、黒中心の配色、まさに清潔感のないダサい恰好の条件にぴったりです。
同様の条件で、身近な人でダサいと思う人を思い出してみると、ほぼ条件が当てはまっていました。極端なことを言ってしまうと、ファッションに興味薄いファッション初心者の方のダサさの元は、センスがどうとか、色の合わせ方がどうとか、流行りがどうとかではなく、「清潔感がない」という要因が大部分を占めているのではないでしょうか。
あなたの周りにいる人たちはどうでしょうか。


まとめ
ダサい恰好とは…💔主に清潔感がない、または、全体のバランスが悪い恰好の事を指して使われているようです。おしゃれをしているつもりでも、ダサくなってしまっている人は、どこかバランスがおかしいのだと思います。清潔感に関しては、穴が開いたり、古いものを着たりしなければ、ある程度カバーできますが、バランスを考えるというのがおしゃれへのネックになってきそうです。
↑古着のおしゃれを楽しんでる人もいるので、この意見はあくまでも個人的な意見だと思われます‼️

  • ダサいとは はコメントを受け付けていません。
  • 未分類

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る