ブログ

女性のスーツんlボタンについて

レディーススーツ釦の数について👔

社会人になりたての頃は、無難なリクルートスーツを選んでいた人も、仕事に慣れてくると「自分に似合うスーツが欲しい」「もっと自分らしさを楽しみたい」と思うようになります。色や素材・形も大切ですが、スーツはボタンの数がイメージを左右します。「どんな印象に見られたいか」や「シーン」に合わせてボタンの数を決めましょう。


ボタンの数はシーンに合わせて選ぶ
スーツのボタンは、1~3つが一般的です。「数がなぜ違うの?」と疑問に思う人もいるでしょう。ボタンの留め方や数によって全体の印象が変わり、着用できるシチュエーションも変わってきます。たとえば、ビジネスシーンや面接時などの堅いシーンと、パーティーやカジュアルな職場ではスーツの着こなし方が同じであってはいけません。このように、ボタンの数や留め方を変えることで、その場に応じた着こなしをすることが大人のルールなのです。


ボタンが1つの女性スーツ
まず、『ボタンが1つ』だけの女性スーツはどんな印象を与えるのでしょうか?


ウエストが強調され、女性らしい印象に
ボタンが1つだけのスーツは、ウエストラインが締まり、程よいくびれができます。男性の直線的なスーツとは対照的で、華やかさや女性らしさといった印象が前面にあらわれます。男性に比べて女性は丸みのある体つきなので、その特徴をより生かすデザインということができます。女性の場合、ビジネス用で着用するスーツはもちろん、入学式やパーティーなどで着用するスーツにも1つボタンのものが多くみられます。


カジュアルなイメージ
ボタンが1つのスーツは 『カジュアル』なイメージを与えます。ファッショナブルで華やかといった言葉も当てはまるでしょう。
そのため、面接などでは『スーツのボタンは2つ以上』が好ましいとされています。しかし、革新的さをアピールするIT業界や、個性やセンスを大事にするファッション業界などでは、1つボタンのスーツでもマナー違反とは見なされないことが多いようです。
1つボタンのスーツが活躍するシーンは、カジュアルな職場や、堅苦しくないビジネスシーン、ビジネスシーン以外のパーティーやデートなどになります。


ボタンが2つの女性スーツ
スーツの中で、最も主流といえるのが 『2つボタンのスーツ』です。ビジネスシーンでスーツを着用する機会が多い人や面接を控えている人は、迷わずこちらを選びましょう。
すっきりシャープな印象を与える
2つボタンは、1つボタンのスーツのように胸元が大きく開かず、全体的にスリムに見えるという効果があります。より直線的でシャープなラインになるため、『きちんと感』や『かっちりとした印象』を演出することができます。女性の場合、サイズが合っていないと、上ボタンを留めたときに、胸の部分に横ジワが入ったり、窮屈に感じたりすることがあります。2つボタンのスーツはサイズ選びを慎重に行うことが大切です。


リクルートスーツに多い
2つボタンのスーツはリクルートスーツに多く、面接やビジネスシーンにおいて最も無難であるといえます。女性のスーツのデザインは、男性用スーツの型を元に作られてきた歴史があります。男性のスーツで1番多い型が2つボタンで、古くからビジネスマンに親しまれてきた型なのです。業種やシチュエーションを問わず、オールマイティーに着用できるので、スーツ選びに迷ったときは、2つボタンのものを選ぶのが賢明です。


ボタンが3つの女性スーツ
最近は、2つボタンや1つボタンのスーツを好む人が多い風潮がありますが、3つボタンのスーツが合う業界もあります。
堅実で真面目な印象
『スーツにボタンが3つ』あると、『真面目で堅実』といった印象が強くなります。これは、首元のVラインが狭まっているためです。3つボタンのスーツというと、「どこか古臭い」という印象を持つ人もいるでしょう。90年代は、Vゾーンがかなり狭く、シルエットが太めのものが流行していました。しかし最近は、全体的にスマートになり、クラシカルながらお洒落に着こなせるデザインが増えています。


お堅い職業におすすめ
スタイリッシュさや華やかさはありませんが、非常にクラシカルで、流行や時代に左右されない堅い意志や安心を感じさせます。こういったスーツが好まれるのは、公務員・銀行・医療関係などの職場です。また、誠実さが求められるビジネスシーンで着用するのもよいでしょう。


女性スーツのボタンは外す?とめる?
男性の場合、『下のボタンは留めずに開けたままにしておく』というマナーがあります。では女性の場合は、どうすればよいのでしょうか?


すべてとめるのが基本
男性と女性ではスーツの着こなし方のマナーが異なります。女性の場合は、『ボタンを全て留めることで綺麗なシルエットになる』ため、男性のような『アンボタンマナー』を気にすることはありません。逆に、ボタンが開いていると、だらしない印象を与えてしまうことがあります。特に、バストが大きい女性は、サイズが合わないスーツを購入すると、非常に窮屈に見えてしまいます。ボタンを留めることを考慮して選ぶようにしましょう。


一番下のボタンを外すのは男性だけ
2ボタンスーツ・3ボタンスーツに関わらず、『1番下のボタンを外すのは、基本的には男性だけ』です。男性はベストの場合も同様に、1番下のボタンは外したままにしておきます。ボタンを外す理由は、座ったり動いたりしたときに、シルエットが崩れないようにするためです。男性用のスーツは、1番下のボタンを外した状態が、本来のシルエットになるようにデザインされています。


インナーを変えると雰囲気も変わる
女性のスーツスタイルにはネクタイはありません。しかし、『インナーを変える』ことで、いつものスーツがグッとお洒落になります。
オーソドックスなシャツやブラウス
スーツのインナーで最もオーソドックスなものといえば、『白やストライプのシャツ』です。襟が付いているものはきちんと感が出るので、面接やビジネスシーンなどあらゆる場面で使えますね。少し華やかさをプラスしたいときは、『ブラウス』もおすすめです。丸みを帯びたデザインや、アクセントにフリルがついたもの、ギャザーが入ったものなどがあります。女性らしくフェミニンな印象を与えられますよ。


カットソーと合わせるとよりお洒落に
オフィスシーンで多く活躍するのが『カットソー×スーツ』です。襟のついたシャツに比べ、スタイリッシュな印象になるのが特徴で、フレッシュマンとは一線を画した、大人のこなれ感が演出できるでしょう。ラウンドネック・Vネック・スクープドネックなど、ネックラインのバリエーションが豊富なのも魅力です。綿100%素材ではカジュアルすぎるため、ポリエステルが混合されているものを選びましょう。
  • 女性のスーツんlボタンについて はコメントを受け付けていません。
  • 未分類

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る